Common room メンズファッション福岡県久留米市 2010年06月13日

logo

official blog

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
f201440b.jpg

20世紀に活躍したアメリカ人作家の中で、
最もアメリカ的かつアメリカ人に愛された人物といえば、
やはりヘミングウェイなのではないでしょうか。

N0016807_l.jpg

釣りと狩り、ボクシングに闘牛を楽しむアメリカ的でマッチョなライフ・スタイル。

海外の戦場にも取材に出かけてゆくお節介なまでのヒロイズム。

結婚と離婚を繰り返すソープ・オペラ的な私生活。

どれをとっても実にアメリカ的な生き方です。
だからこそ、彼は「アメリカの世紀」だったといえる20世紀を代表する作家となりえたのかもしれません。
そのせいか、彼のライフスタイルはアメリカの文化に憧れる人々にとって今もなお理想とされています。

imgbd8360e7zik4zj.jpg

そんなアメリカンヒーロー「パパ・ヘミングウェイ」の最期はそれとは対照的に悲劇的なものとなりました。
(最期については詳しく触れないでおきたいと思います。)

自らの挑んだ危険な冒険の代償として心と身体に傷を負い、死へと導くことになってしまったのです。

しかし、自らの望む夢のためにとことん人生をつぎ込んだからこそ、
彼らが生み出した作品には時代を超えて人に感動を与える魅力があり、説得力もあるのです。

心も身体もボロボロにしたからこそ生み出せる美学、

これこそがヘミングウェイ文学最大の魅力なのではないでしょうか?。

514829MDBPL.jpg

ここで、「パパ・ヘミングウェイ」の名言をいくつかご紹介。

■「わが人生は、ほんの一行で要約できるだろう。そう、私は生きることを十分に楽しんだと。」

■「ただ動いているだけでは、行動とは言えない。」

■「これをやりにおれは生まれてきた。と思えることだけを考えていればよい。」

■「今は「ないもの」について考えるときではない。『今あるもの』で、何ができるかを考えるときである。」

■「勇気とは、窮地に陥ったときにみせる、気品のことである。」

これらの名言、それぞれ感じ方は違えど、今の心境に繋がるものやヒント、あるのではないでしょうか?

僕は少なくとも3つはありました。笑

では、また。



画像の名前
(共感した方は「Common's Online」へGo↑笑)


commonroom0201をフォローしましょう






スポンサーサイト

ホーム  | About Us  | New Arrived  | Next »

Calendar

05 | 2010/06 | 07
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -

Category

未分類 (3)
About us (1)
New Arrived (257)
Blog (117)

Profile

commonroom

Author:commonroom
about us

Used & New Clothing Shop
Common room
〒830-0031
福岡県久留米市六ツ門町13-20
K-8ビル3F 
TEL 0942-27-8334

■Open/Close
[Mon・Wed・Thurs]13:00 - 19:00
[Fri・Sat・Sun]13:00 - 20:00

■Holiday
Tuesday/The First and Third Wednesday

Common roomとは (休憩室、溜まり場)
昔、みんなでよく集まっては、くだらない話で盛り上がっていたあの場所。
誰かが呼びかけることもなく、1人増え、2人増え、自然と集まる仲間たち。
今では、懐かしくもあり、寂しくもある。。
服を通じて、皆さんのそんな「溜まり場」になれれば幸いです。

more-info

New Article

New Comment

New Track back

Monthly Archive

twitter

検索フォーム

Analysis

リンク

このブログをリンクに追加する

Now

現在の閲覧者数:

QR Cord

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。