Common room メンズファッション福岡県久留米市 『Chance Agreement』

logo

official blog

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
今回は、とある奇妙な話をご紹介。

1829年10月、マーメイド号はオーストラリアのシドニー港を後に。

この船に乗っていた船員のピーター・リチャードソンは、
自分がこれからどれだけ大変な航海に臨もうとしているのか
知るよしもなかった。

マーメイド号は出航してから4日後に座礁してしまい、
大破してしまいました。

乗っていた船員たちはスイフトシュア号に救助され乗り移りました。
ところが、そのスイフトシュア号も2日後に座礁してしまいます。

そして、今度はガバナー・レディー号という船に救助され、
 全員が乗り移りました。
すると、そのガバナー・レディー号は、
乗り移ってから3時間後に船火事が発生しました。

乗組員たちは航行不能となったガバナー・レディー号から、
次はコメット号という船に乗り換えました。
しかし、運命はさらなる困難をピーターたちに課したのです。
このコメット号は嵐に遭って転覆してしまったのです。

今度はジュピター号に救助されます。
また、このジュピター号もすぐに座礁・・・。

救助される船が次々とトラブル続きとなり、
それぞれの船に乗っていた船員たちは合計128人に膨れあがります。

この128人は結局、シティ・オブ・リーズ号に救助されました。

これで、ようやくこの波乱続きの船旅に終止符が打たれることに。
だが、この話はまだ終わらないのです。

最後に救助してくれたシティ・オブ・リーズ号には、
重病の女性が乗っていました。

この女性は瀕死の状態で、生き別れた息子に会いたがっていたのです。

周囲の人はそれを見かねて、
ある若者をこの息子に見せかけて会わせることにしました。
それは最初に登場したピーター・リチャードソンです。

ところが、ピーターがその女性に会ってみると、
なんと!その女性はピーターの母親であったのです。

乗る船が次々にトラブルに見舞われたおかげで、
ピーターは危篤の母親に会うことができました。

たくさんの出来事が、このシンクロニシティを支えているのです。

ピーターの乗った船がいくつもの事故を繰り返したのは、
母親に再会するためだったのでしょうか。

これは、偶然か必然か・・・、
世の中にはこのような偶然というか奇妙な、ありえない出来事が実際に存在します。



※ちょろっと店内替えしたので写真です。

CIMG6883.jpg CIMG6886.jpg

CIMG6885.jpg CIMG6887.jpg

CIMG6876.jpg CIMG6886.jpg

CIMG6883.jpg CIMG6880.jpg

CIMG6882.jpg CIMG6889.jpg

CIMG6879.jpg


※『Common's Online』も随時更新しております。是非こちらもご覧下さい。↓↓
Common's Online


(ぼやき)
「偶然の一致」
偶然④

偶然⑤

偶然⑥


commonroom0201をフォローしましょう
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://commonroom.blog117.fc2.com/tb.php/212-501bf972
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

ホーム  | About Us  | New Arrived  | Next »

Calendar

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

Category

未分類 (3)
About us (1)
New Arrived (257)
Blog (117)

Profile

commonroom

Author:commonroom
about us

Used & New Clothing Shop
Common room
〒830-0031
福岡県久留米市六ツ門町13-20
K-8ビル3F 
TEL 0942-27-8334

■Open/Close
[Mon・Wed・Thurs]13:00 - 19:00
[Fri・Sat・Sun]13:00 - 20:00

■Holiday
Tuesday/The First and Third Wednesday

Common roomとは (休憩室、溜まり場)
昔、みんなでよく集まっては、くだらない話で盛り上がっていたあの場所。
誰かが呼びかけることもなく、1人増え、2人増え、自然と集まる仲間たち。
今では、懐かしくもあり、寂しくもある。。
服を通じて、皆さんのそんな「溜まり場」になれれば幸いです。

more-info

New Article

New Comment

New Track back

Monthly Archive

twitter

検索フォーム

Analysis

リンク

このブログをリンクに追加する

Now

現在の閲覧者数:

QR Cord

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。